Short Profiles

image_print

牧 兼充(マキ カネタカ)
早稲田大学ビジネススクール准教授

1978年東京都生まれ。2000年慶應義塾大学環境情報学部卒業。02年同大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。15年カリフォルニア大学サンディエゴ校にて、博士(経営学)を取得。慶應義塾大学助教・助手、カリフォルニア大学サンディエゴ校講師、スタンフォード大学リサーチアソシエイト、政策研究大学院大学助教授などを経て、17年より現職。カリフォルニア大学サンディエゴ校ビジネススクール客員准教授を兼務するほか、日米の大学において理工・医学分野での人材育成、大学を中心としたエコシステムの創生に携わる。専門は、技術経営、アントレプレナーシップ、イノベーション、科学技術政策など。経済産業省産業構造審議会イノベーション小委員会委員、内閣官房「創薬力の向上により国民に最新の医薬品を迅速に届けるための構想会議」構成員、経団連「Science to Startup Task Force」メンバーなどに参画し、日本のイノベーション政策に深く関わる。

近著に「イノベーターのためのサイエンスとテクノロジーの経営学」(単著、東洋経済新報社)、「科学的思考トレーニング  意思決定力が飛躍的にアップする25問」 (単著、PHPビジネス新書) 、「『失敗のマネジメント』がイノベーションを生む」(『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』2020年3月号掲載)、『イノベーション&社会変革の新実装 未来を創造するスタンフォードのマインドセット』(共著、朝日新聞出版)、『東アジアのイノベーション』(共著、作品社)、『グローバル化、デジタル化で教育、社会は変わる』(共著、東信堂)などがある。

その他の情報は、Kanetaka M. Maki, Ph.D. Official Site をご参照下さい。


Kanetaka M. Maki, Ph.D.
Associate Professor, Waseda Business School

Associate Professor Kanetaka Maki is based at Waseda Business School and serves as a Visiting Associate Professor at the Rady School of Management, University of California San Diego. In both Japan and the US, he has been actively involved in designing and implementing university innovation ecosystems. He is a key member of many management education programs for STEM background students. He has published books such as “Science, Technology and Entrepreneurship” and “Scientific thinking Training” in Japanese. Professor Maki’s research interests cover the fields of socio-economics of innovation and entrepreneurship, science policy, and university-industry technology transfer.

For additional information, please visit Kanetaka M. Maki, Ph.D. Official Site.