選択科目:「授業では教わらない、世界の社会的課題を解決していくために、今高校生が学ぶべきこと」

授業概要(ドラフト)

担当: 牧 兼充 (Kanetaka M. Maki, Ph.D.)
期間: 2018年度一学期 (4月〜1月)
時限: 月曜日6、7限 (14:20-15:40)

 

 1)  授業の概要 

皆さんは、高校や大学を経た後に社会に出て、どんなことを自分のテーマとして追い求めたいと考えていますか?今、世界には、貧困、教育の格差、地方の過疎化、高齢化、地球環境の持続可能性、などたくさんの課題が存在します。本校の卒業生には、こういった社会問題の解決へ向けて活躍している人がたくさんいます。そういった卒業生は、必ずしも高校時代に成績がトップであった訳でもないし、一番目立っていた生徒であったとも限りません。でも高校や大学などで、色々なきっかけからチャンスを得て、それぞれの道を歩んでいます。
この授業では、世界で活躍する卒業生を紹介しながら、学校の勉強以外に、どんなことを高校生が今学び、体験していくべきかを一緒に考えてみたいと思います。特に、今世界にはどんな問題があるかを知り、どんなマインドセットを持って困難に立ち向かい、どんな方法で課題を解決するためのアイディアを生み出し、そして今世界を大きく変えつつある科学技術にはどんなものがあるのかを知り、どのような人々に出会い、そして世界で活躍して行くために必要な人材となるための教養の役割を考えていきたいと思います。そして、みなさんが今後追い求めたいテーマを一緒に考えて、その分野で活躍する卒業生と交流する場を作りたいと思っています。
「やりたいことが見つかってる人も、まだやりたいことが見つからないけれども、自分はこれからの人生で何かを成し遂げたい」という志を持っている生徒に履修してもらいたいと思います。

この授業の詳細については、 http://www.kanetaka-maki.org/teaching/yutori2018/ を参照して下さい。

 

 2)  達成目標 

この授業を通じて、生徒の皆さんには以下のことを身につけて欲しいと思います。

  • 今、世界にはどんな社会的課題があるのか。自分の興味の範囲に止まらず、全体像を知ること。
  • 自分がこれから取り組んでいきたい世界の社会的課題に関わるトピックを見つけること。
  • 自分が選んだトピックを広げるために、高校生の間に何を学ぶべきかを知ること。
  • 自分が選んだトピックを深めていくために、大学をどのように選べば良いか、その基準を知ること。
  • 学校での勉強はどのように社会に出て役立つか知り、一方で学校の勉強の良し悪しよりもっと大切な指標があることを知ること。
  • 今自分が置かれている環境は、世界の大きな流れの中で、どのように「特殊か」を知ること。

 3)  スケジュール 

  • 第1回 – イントロダクション & 今、取り組むべき世界の社会的課題は何か
  • 第2回 – 世界の社会課題を解決するために必要な「デザイン思考」
    • トピック
      • デザイン思考 / T型人材 / 世界の人たちと「共感」する力
    • 概要
      • スタンフォード大学d.schoolが世界に広めている課題解決の方法である「デザイン思考」をワークショップ形式にて、実際に体験してもらいます。そのプロセスを通じて、問題をどのように発見し、その解決方法をどのように探すかというツールを身につけてもらいます。
    • 参考文献
  • 第3回 – 自分のテーマを発見して、そのテーマを自ら育むために必要な能力としての「リジリエンス」
    • トピック
      • 自分のテーマを探る / 高校時代に何をやるか / メンターの役割 / 困難に立ち向かう / これからの時代に必要なマインドセット / ケース・ディスカッション / 最終課題の説明 / リジリエンス
    • 概要
      • 映画「October Sky」をケース教材として、自分のトピックを広げて行くためには、どんな困難があり、その困難を乗り越えるためにはどんなマインドセットやスキルが必要かを考えてみます。
    •  参考文献
  • 第4回 – 世界で活動していくために必要なマインドセットとしての「アントレプレナーシップ」
    • トピック
      • アントレプレナーシップ / リスクをとるということ / チームの大切さ / 不確実な環境に対応する / リジリエンス / 戦略を立てる / 競争と協調
    • 概要
      • スタンフォード大学で開発された「アントレプレナーシップ」を体験するためのゲーム形式のワークショップに参加してもらいます。このプロセスを通じて、アントレプレナーが持つ特性について一緒に考えてみたいと思います。
    • 参考文献
      • 20歳の頃に知りたかったこと
  • 第5回 – 氾濫する情報に騙されないために必要な「科学的思考法」
    • トピック
    • 概要
    • 参考文献
      • 中室牧子・津川友介著、「「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法」、2017年
  • 第6回 – 世界の人たちと交流する上で必要な教養の役割 / AI時代に必要な教養・知識とは何か
    • トピック
    • 概要
    • 参考文献
  • 第7回 – 卒業生にメンターになってもらおう! [調整中:  都内にて開催]
    • トピック
    • 概要
    • 参考文献
  • 第8回 – 世界のビジネス・スクールの授業を体験してみよう / まとめ
    • トピック
    • 概要
    • 参考文献

 4)   注意事項

  • この授業は、学校内に限らず、都内などに見学にいく予定である。予め了解した者が履修して欲しい。
  • この授業は、内容に応じて、授業時間を延長する場合がある。予め了解した者が履修して欲しい。

 5)   高校生がチャンスを広げるためのリンク集

 6)   この授業にご協力いただいているアドバイザの皆様