科学技術とアントレプレナーシップ部会

早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センターに、「科学技術とアントレプレナーシップ部会」が設置されました。

 

  • 部会等名称
    • 科学技術とアントレプレナーシップ研究部会
    • Science, Technology, and Entrepreneurship
  • 代表者名
    • 牧 兼充
  • 研究目的
    • 大学を中心とした研究機関から創出される科学技術は、新事業創造のための「知」の源泉である。本研究部会においては、研究機関において科学技術に関する「知」がいかにして産み出され、またその産み出された「知」からいかにして、ベンチャー企業を含めた産業が創出されるのかについて、多面的な研究手法を用いながら検証する。
    • 具体的には以下の研究課題について扱う。
      • なぜ特定の経済圏は他よりも成長が早いのか
      • 科学技術はどのように産業構造を変革するのか
      • なぜ科学技術による「知」は特定の地域に集積するのか
      • スターサイエンティストはなぜ重要なのか
      • インセンティブは発明と商業化になぜ重要なのか
      • 効果的な研究費の配分はどのようなものか
      • 大学発ベンチャー企業はイノベーションを促進するのか
      • 起業家はどこから生まれるのか
  • 研究の意義
    • 本研究部会では、科学技術を用いた新産業創出のメカニズムを検証するために、定量分析に活用可能なデータセットを新たに構築し、サイエンティストの研究開発パフォーマンスや、ベンチャー企業への知識移転のメカニズムを検証する。これにより、経営・政策に係る課題の意思決定をするための「客観的根拠(エビデンス)」を学術的に提供することがはじめて可能となる。こうした網羅的なデータセットの構築および整備は、日本における科学技術とアントレプレナーシップの現状の評価及びメカニズムの探索、更には係る科学技術イノベーションの推進において直接的に大きな意義を持つ。
  • 運営方法
    • 定期的な研究会を月に一度程度行う。
    • 政策研究大学院大学との連携により、本研究部会の研究活動に必要となるデータセットを構築する。
    • メンバーによりプロジェクトチームを組成し、データ分析を行い、成果を論文にまとめる。
  • 期待される成果
    • 研究論文・ワーキングペーパーの執筆
    • 国際学会での発表
    • 国際ワークショップの開催
  • 2017年度 研究員一覧
    • 兼任研究所員
      • 牧 兼充 (経営管理研究科准教授)
    • 招聘研究員
      • 隅藏 康一 (政策研究大学院大学教授)
      • 原 泰史 (政策研究大学院大学専門職)